• HOME

Zaza Gogua (ザザ・ゴグア)/ Violist profile

ジョージア(旧グルジア)の首都トビリシに生まれる。
国立トビリシ音楽院卒業。モスクワ音楽院大学院修了。大学院では、ユーリ・バシュメット氏に師事。在学中より、グルジア国立室内管弦楽団ヴィオラ奏者就任、また修了後はトビリシ交響楽団ヴィオラ首席奏者として活動する傍ら、トビリシ国立芸術アカデミー専任講師として指導も行った。
その後、渡独し、2年間ドイツ・インゴルシュタット室内管弦楽団ヴィオラ首席奏者として各地で演奏活動を行った。
1996年、大阪シンフォニカー交響楽団(現・大阪交響楽団)のヴィオラ首席奏者として来日。
1998年には、トビリシ弦楽四重奏団を結成し、メンバーと共にこれまで毎年演奏会を開催している。
アンサンブル金沢客演ヴィオラ首席奏者を経て、2008年より現在に至るまでアンサンブル・神戸及びハーモニアス室内管弦楽団のヴィオラ首席奏者を務めている。
また、ヴィオラ奏者として演奏活動を行う傍ら、河内長野フィルハーモニックの常任指揮者を務めるほか、弦楽器、室内楽、オーケストラ等の後進の指導にも力を注いでいる。
「Zaza Gogua Viola Album」、「ジョージアと日本のかけ橋」等のCDを制作。また、ギターと歌の弾き語りも得意で、「グルジアの夜」と「我がトビリシよ」のフォークソングのCDも制作し、TV番組で歌うなど幅広い音楽活動を行っている。

携帯版ホームページ

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

Zaza Gogua Homepage/ ザザ・ゴグア ホームページモバイル